2021/10/1

 道端のすすきが風に揺れ、木々の葉も少し色づき、秋を感じさせてくれます。園庭のドングリの実が落ちるのももうすぐです。いつもなら秋晴れの日は散歩に出かけ秋の自然物をおみやげに持ってくる子どもたちですが、まだまだコロナ感染症対策の中での生活になります。もとの日常が戻る日まで頑張りましょうね!

 これからは、一日の日照時間がどんどん短くなり、朝の目覚めもおそくなりがちです。朝は余裕が大事です。余裕がないと「はやく!はやく!〇〇して!」の言葉が増えます。朝は一日の始まり。気分よく、機嫌よく登園できますように。規則正しい生活をして病気もやっつけましょう!

 また、日照時間が短くなり、お迎えの時間を気にしてお仕事を終えられるのではないでしょうか。車の運転には十分気をつけてお迎えに来てください。また、暗くなってからお迎えの時間が込み合うといろんな面で確認が難しくなります。くれぐれも車にお子さんを乗せるまでしっかり手を繋いでください。子どもはお迎えのお家の人を見ると嬉しくて、予想外の行動をするので目を離さないよう、よろしくお願い致します。

令和4年度の入園申請書配布開始日及び入園申請書受付期間

令和4年度の入園申請書配布開始日及び入園申請書受付期間
令和4年度の入園申請書配布開始日及び入園申請書受付期間をお知らせ致します。

【入園申請書配布開始日】
令和3年9月13日(月)~
土日祝日を除く平日のみ 午前9時~午後4時30分
(密を避けた推奨時間帯① 午前9時30分~午前11時30分)
(      〃   ② 午後1時~午後3時)

【入園申請書受付期間】
令和3年10月1日(金)~10月15日(金)
土日祝日を除く平日のみ  午前9時~午後4時30分
(密を避けた推奨時間① 午前9時~午後4時30分
(      〃     ② 午後1時~午後3時)

2021/9/1

 黄金色の田んぼ、赤とんぼの群れ、すすきの穂、そして空を眺めると夏から秋へと自然の移り変わりを感じます。日も短くなりましたね。

 JA新潟中央会さんよりお米を頂き、幼児組で紙コップを使いシャカシャカおにぎり作りをして食べます。収穫、食欲の秋にちなみ、楽しみながら感謝でいただきます。

 残暑で日中の暑さが続き、夜は少しずつ涼しく感じるようになる9月は、夏の疲れもあるうえに体調を崩すこともあるので健康に留意しながら生活リズムを整え過ごしてまいりましょう。

2021/8/1

   夏の暑さ真っ盛りですが暦の上では、「立秋」を迎えます。
「立秋」は、初めて秋の気配がほの見えるころのこと、とあります。暑い盛りですがこれ以降は夏の名残の残暑と言います。
普通ならあちこちでお祭りがあり、「祭りに行ってきたよ 」「浴衣着て花火見てきたよ」などの声が聞かれるところですが、自粛が続いていますね。園では、うちわを作った後、盆踊りを踊り、お祭り気分を味わいたいと思います。
コロナ感染状況は悪化するばかりですが、やるべき対策は怠ることなくみんなが元気で過ごせますよう気を引き締めていきたいと思います。
今後もご協力お願い致します。

2021/7/1

 梅雨が明けると本格的な夏がやってきます。この時期は小暑。夏の風が、熱気を運んでくるころとありますが、時折窓から温風が吹き込み、夏を感じます。
梅雨空で見えないことが多いですが、夜空には星が輝き天の川をはさんでこと座のベガが織り姫の星、わし座のアルタイルが彦星の星が会いに行くという七夕があり、プール開きと夏の行事が始まります。コロナ感染予防はまだまだ続きますが、くれぐれも体調管理にこころがけて、元気に夏を過ごしてまいりましょう。
先日の「親子わくわく運動会」では、お借りした小学校の体育館いっぱいに笑顔の花が咲きました。子どもたちの成長に一喜一憂したひと時でした。

2021/6/1

 5月のはじめに田植えを終えたばかりの早苗の先が、薫風(くんぷう)に揃ってなびく風景に爽やかな気持ちにさせられます。
 梅雨に入る前の若葉香る園庭を汗を光らせ元気に駆け回る子どもたちです。暑いときは水遊びも始まる頃ですね。畑の苗の水やりをし、いつの間にか水遊びになったりと遊びや汗で着替えなど持ち帰る日が多くなりますが、よろしくお願い致します。
 今月、26日(土)には、幼児組の運動会が予定されています。お家の人と一緒に体を動かし程よい汗をかき、楽しい思い出ができますように、子どもたちとやりたいことを決めていきたいと思います。
 普段からの新型コロナウイルス感染防止の対策をしっかりとり、健康管理に気をつけて当日を迎えましょう。

2021/5/1

 園庭にはこいのぼりがおよぎ、藤の花が満開です。季節は立夏。
そろそろ園庭の虫たちも出てくる頃です。小さなミミズを見つけ、手にのせて見せに来てくれました。これからは毎日が発見の連続でしょう。子どもたちからの歓声が聞こえてくる頃です。
今では、ほとんどの家庭から「端午の節句」のならわしは消えているかもしれませんが、家族の健康を願って菖蒲湯につかりコロナ禍にほっと一息。なんて言っても、菖蒲も見られなくなりましたね。不安な社会情勢の中で少しでもほっとするひと時を見つけて過ごすには、季節ごとの行事をひも解いてみたり、日本古来に伝わる伝統に癒されたりするのもいいかもしれませんね。

2021/4/1

 入園、進級おめでとうございます。
温かい春の日差しを浴びて、るんびいにこども園の桜が満開です。桜の木がまるで子どもたちの笑顔を待っているようなそして、成長を応援してくれているような気がします。力強い父母のような桜の木に見守られながら今年度もスタート致しました。
今までと変わりなく、たくさんの笑顔の花が咲きますように様々な経験をし、自然と仲良く過ごしていきたいと思います。皆様との出会いに感謝し、信頼され、子どもの成長を共に喜び合い、子育てのお手伝いをさせて頂きます。どうぞよろしくお願い致します。

2021/3/1

 少しずつ風は和らぎ、冬の間に蓄えていた生命の息吹が外へ現れはじめる季節になってきました。お日様が暖かい日は、一斉に外へ繰り出していく子どもたちです。厚いコートを脱いで、嬉々とした声が園庭に響きます。土の中の虫も動き出し、子ども立ちが目を丸くして虫探しに没頭するのももうすぐです。
ぞう組さんは最後の園生活を送る月となりました。卒園の歌声が聞こえてきます。嬉しくもあり、寂しくもあり複雑な気持ちです。笑顔で送ってあげられるように残りの時間を楽しく過ごしていきたいと思います。
3月9日は「サンキュー」のごろ合わせで「ありがとうの日」だそうです。3月はいろんな別れがあります。「たくさん遊んでくれてありがとう!」と感謝の気持ちを伝えるきっかけの日になるといいです。
そして、新たな始まりが、心弾む気持ちで迎えられますよう笑顔と思いやりが溢れる園を目指してまいりたいと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

2021/2/1

 昔は季節の変わり目にあたる立春、立夏、立秋、立冬の前日がすべて節分とされていました。今年は3日が立春、2日が節分です。季節の変わり目には悪鬼が出てくると言われ、豆が「魔滅」の音に通じることから「鬼は外、福は内」のかけ声で豆まきをするならわしが始まったとか。数えで自分の年の数の豆を食べると健康になると言われていますが、くれぐれも5歳以下は食べないようにと、消費者庁の注意喚起がありましたので、福を招く豆まきになりますように。日本古来の節分の行事を怖いままで終わらず、病気に罹らず丈夫にすくすく育ちますようにと願いを込めて楽しみたいと思います。
そして、「コロナ(鬼)は外!」と大きな声で!みんなで追い払いましょう!