2021/1/1

 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。
コロナ禍にあった去年、新しい生活様式になり、先の見えない不安と我慢との子年でした。
今年は、我慢し、努力した分飛躍の丑年になりますことを願います。
年末年始は、いつもなら親戚の人との触れ合いやお出かけも普通にしていたのに、コロナ禍では自粛しながら過ごされていたのではでしょうか。
でも、子どもはお家の人と過ごせることが一番の楽しいことなのだと思います。お休みあけは、お家の人と過ごしたことをたくさんお話ししてくれました。
かるたや、すごろく、福笑い、コマ回しなど日本に伝わる伝承遊びを楽しんで過ごしたいと思います。また、縄跳びや集団遊びで友だちと頑張りを認め合ったり、励まし合ったりしながら成長の過程を見守りたいと思います。
お正月明けは生活リズムが乱れがちなので、規則正しい生活に整えながら、元気に登園してほしいと思います。
こども園もいよいよ締めくくりの時期に入りました。新年度に向けて身も心もぐんぐん成長する時期です。今までの経験を振り返りながら成長を喜び合ったり、支え合ったり、この時期だからこそ経験できること等を考えながら、笑顔いっぱいの保育をすすめていきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

2020/12/1

 はるか遠くの山々が白くなってきました。新型コロナウイルス感染症が流行し早くも1年がたとうとしています。かわいい、元気な子どもたちをみていると、どうかこのまま笑顔で過ごせますようにと願います。
「ひょっこりひょうたん島」のフレーズのように「泣くのはいやだ、わらっちゃお」みたいに、すべては変わる。どんな苦しいときも、ふっと一つ笑ってしまうと心が軽くなることがある」と。信じてふっとひとつ笑ってみましょう。
19日(土)には、お遊戯会があります。春から担任やお友だちと生活をし、積み重ねてきた経験をそれぞれの形で、子どもたちの成長や可愛らしい姿を保護者の方に見ていただきたいと思いす。コロナ禍ではありますが、感染予防にご協力頂きながら取り組んでいきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。
コロナ対策はもちろんのこと、風邪や感染症の対策もしていきましょう。

2020/11/01

 11月は時雨が降る頃でもあり、さあっと降っては晴れる通り雨のような天気の日が多くなります。晩秋から初冬に季節は変わっていきます。そろそろ冬支度を始める合図です。
そして、コロナ対策に加え、インフルエンザやRSウイルスなどの感染症も増える時期になります。今のところ過去2年間のサーベイランスを比較すると今年はインフルエンザやRSウイルスの感染が少ないです。コロナ対策で手洗い、うがいが身についてきたからなのでしょう。また、園内では中耳炎や溶連菌などの感染症に罹るお子さんが激減です。お家の方の意識と配慮に感謝いたします。感染症対策には、手洗い、うがいが大切と言うことが実証されましたね。
先日ぞう組の部屋で食事をしたとき、同じテーブルのAちゃんが「あーあ園にもこたつがあればいいのにな~」と私に言うのです。「こたつ、いいね~。でも、床暖房だから温かいよ」と私。Aちゃん「でもさ、もっとあったかいよ」この会話を隣で食べていたBくんが「こたつってなあに?」と聞きました。Aちゃん「ほら、みんなで足入れてあったまるんだよ」 Bくん「それって足湯のこと?」 Aちゃん「ちがうよ、みんなで足を入れて、もぐったりしてあったまるの。しらないの?!」 私もつい、「知らないの~?!」と言ってしまいましたが…。新しい生活様式で「密」は避けたいですが、家ではこたつで密….ありかな?と。家族で身も心も温かく過ごしたいですね。(ホットな会話でした)

2020/10/1

 秋が深まり、日が傾いてきたかとなと思うと、あっという間に空が茜色に染まり日が沈んでしまいます。夕方外で遊ぶ時間も短くなってきました。季節の変化に体をリセットし、これからの感染予防にも一層気をつけましょう。規則正しい生活こそ免疫力アップにつながります。
季節は秋。仏花と一緒にススキを飾っていたら、近くで見ていた子どもたちから、「わ~!」と喜ぶ声が聞こえました。「ススキって言うのよ。もうすぐ十五夜だから飾ってみたんだ」と言うと「どこからもってきたの?」「先生のお家の近くにたくさんあったので切ってきたんだよ」「すごーい!!」と目を輝かせて見ていました。その表情が本当にうれしそうで飾った私も〇倍返しの喜びでした。ちょっとした変化でも子どもは気づきます。また、ある時「先生、これ知ってるよ。田んぼにあって先の方にお米が入ってるんだよね」と言うので、「これね、ススキって言うの。Aちゃんが知っているのは、稲穂のことね。それと似ているけど違うよ」 そういえばススキの穂と稲穂の垂れ下がっているところが似ているなあと思いました。環境の中でちょっとした変化にも子どもは目ざとく、気づき、そしてその気持ちを素直に表現してくれます。その感性の鋭さ、豊かさにあらためて〇〇倍返しの感動をもらえました。ありがとう♡
あっという間にこの1年も折り返し地点です。
コロナ禍の中でできることをしようと行事に取り組んできた一つ、運動会が目の前に迫ってきました。子どもたちとても楽しみにしています。

令和3年度の入園申請書配布開始日及び入園申請書受付期間

令和3年度の入園申請書配布開始日及び入園申請書受付期間をお知らせ致します。

令和3年度入園申請書配布開始日:令和2年9月16日(水)より
(平日のみ 午前9時から午後4時30分まで)
令和3年度入園申請書受付期間:令和2年9月28日(月)から10月16日(金)まで
(平日のみ 午前9時から午後4時30分まで)

多くの方が同時に集まることを避けるため、在園児の送迎時間を避けた訪問を推奨します。
(推奨する訪問時間帯:午前9時30分から午前11時30分、午後1時から午後3時)

2020/9/1

 暦の上では処暑。ようやく暑さが収まり始める頃。夏の気が落ち着き…とありますが、
今年は台風の影響で今がピークですね。園では、水遊びで歓声を上げる子どもたちの姿に、暑い夏ならではの、醍醐味を感じました。夏のダイナミックな遊びやご家庭での様々な経験を通して、自信に満ちた姿、たくましさを増した子どもたちです。
空を眺めると、夏から秋へと移り変わっていくのを感じます。夏の疲れも出てくる時期です。コロナ対策をしながらも、気を緩めず体調管理に気をつけていきましょう。
防災の日にちなみ9月3日は午前中消防士さんや消防車が来てくれる園児だけの消防訓練、お迎えの際には引き渡し訓練を行いますのでご協力をお願い致します。
引き渡し訓練は、緊急連絡カードの記入がありますので、時間がかかるかもしれません。予めご了承ください。

2020/8/1

 アジサイの花に替わり夏の花百日紅が咲いています。雨でせみの音が聞こえないくらいでしたが、夏本番8月を迎えました。長雨で畑の野菜の収穫ができませんでしたが、ようやく晴れ間を見つけて赤いミニトマト、細長茄子、小粒ピーマンが収穫できました。これからは枝豆もぎやトウモロコシの皮むきなどを体験し、夏の食材に触れる機会を持ちたいと思います。
さて、本来ならば、家庭も職場も東京五輪の話題で持ち切りだったはず・・・。きっと園でも、「金メダル獲得!」なんて言いながら運動遊びが盛り上がっていたかもしれませんね。
今年の夏は、自粛生活の中でも創意工夫をしながら過ごしていきたいと思います。
また、夏の長期休みの計画もあると思います。家庭ならではの生活体験をする中できっと子どもの成長を感じられることでしょう。

2020/7/1

 夏の風が熱気を運んでくる頃となりました。毎年話題になる熱中症や夏ばては、暑さと湿度の高さが原因です。現代は、冷房の中に長時間いるため冷えて体の機能が落ちていることも考えられると言われています。冷凍庫や冷房のなかった時代でも、冷奴やそうめんなどの薬味に生姜やねぎなど、体を温めるものがつきものでした。体、特に胃腸の冷えを防ぐことは大切なのですね。暑くても冷たいものは控えめにして、適度な発汗も大切です。
また、夜寝苦しかったり、食欲も落ちたりしがちですが、規則正しい生活をこころがけていきましょう。新型コロナウイルス感染症対策もよろしくお願い致します。

2020/6/1

園庭に大きくそびえたつマロニエの木を遠くから眺めていたら、木の上に青空が半分、雲が半分。だんだん雲を近くに感じる、大きな自然に包み込まれる感覚がする季節がやってきました。また、6月の初めころは、かまきりが生まれる頃とか。畑仕事の目安にかまきりが登場するとのこと。稲や野菜には手を付けず、害虫を捕まえてくれるからともいわれているようです。これからは、いろいろな小動物や昆虫と出会える季節です。子どもたちにとって命と向き合ういい機会なのかもしれません。
もう一つ大事なこと。衛生管理に今以上に気を付けて本格的な夏を迎えましょう。

2020/5/1

新型コロナウイルス感染拡大防止にご理解と協力をいただきありがとうございます。
園庭で遊んでいる子どもたちを見守っているかのように、こいのぼりが元気よく泳いでいます。いつもなら、天気の良い日は散歩に出かけたり、そろそろ野菜を植える時期ということで子どもたちと相談したり、当たり前のことができなくなってしまいました。
しかし、ふと空を見上げると、青く澄み切っていて、桜の木の葉が緑になってチューリップや花も咲いて明るい景色が目に入ってきます。緊張が続く毎日ですが、今は美しいものを探して気持ちを明るく前向きに心の免疫力をつけて頑張って乗り越えていきましょう。
この我慢は、絶対無駄ではないことを祈って!