2022/10/1

 コスモスの花とススキの穂が季節を彩ってくれています。これからは秋の深まりとともに日中の長さが短くなっていきます。先月、秋分の日にちなみ理事長さんが来て、子どもたちへお彼岸の話をして頂きました。お彼岸は仏教のことばで先祖供養の日とされていること、お墓参りの意味などをとてもよく聞いていました。真剣に聞く子どもたちの姿に成長を感じました。

 さて、そろそろお遊戯会の準備が始まり、歌声や楽器の楽しそうな音が聞こえてきます。みんなで目標に向かって協力したり、アイデアを出しあったり、楽しみながらすすめていきたいと思います。練習を重ねていく中でいろんな表現をする子どもたちの姿を見る事もとても楽しみです。まだまだ、コロナ感染症が心配ですが、無事に当日を迎えることができますように体調管理を心がけていきましょう。また、寒さに向かい朝の目覚めも遅くなりがちです。朝は一日の始まり、余裕を持って気分よく、機嫌よく登園できますように、規則正しい生活をしていきましょうね。

2022/9/1

 暑さが少し和らぎ、朝の風や夜の虫の声に秋の気配を感じます。

 楽しかったプール遊びもおしまい、これからは気温に応じて水遊びやどろんこを楽しみたいと思います。そうして過ごしているうちに季節は秋一色に染まっていきます。日の暮れも早くなりました。夏から秋への変わり目は少し寂しさが漂いますが、子どもたちの成長が見られる時期でもあり、充実した生活が行われますように楽しい経験を積んでいきたいと思います。コロナ感染症は予断を許さない状況ですが、引き続き感染症為対策にご協力をお願いいたします。

2022/8/1

 今年の梅雨明けは想定外の早さでした。想定外の自然の変化がどんどん記録更新されていきます。偏西風に乗って想定外の暑さが来ると予報されていますが、食事や生活習慣を見直し、自己免疫力を強化しながら暑さを乗り切りましょう。

 夏と言ったら、冷えたスイカ、海、日焼け、麦わら帽子、虫かごと網を持って虫取り、入道雲、提灯持ってお墓参り、夏祭り、等々。コロナ禍でいろいろ制限され、夏ならではの思い出が消えてしまいそうですが、身近な楽しみを見つけていきましょう。今まで気が付かなかったことに出会えると信じ、過ごしていきたいものですね。

 園はコロナ感染症対策で大変な状況ですが、保護者様のご協力に心より感謝いたします。

子どもたちとこれからもより笑顔で接し、楽しかった一日を過ごせますよう努力していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

2022/7/1

 この時期は1年で最も日が長く、夜が短い二十四節季の中の夏至にあたります。これから、夏の盛りへと暑さが日に日に増していきます。すでに暑さうんざりといった日々で今年の夏も厳しいと聞いていましたら、想定外のスピードで梅雨があけました!外遊びの際は暑さ指数を計測し、状況を判断しながら行いたいと思います。

 星に願いを。短冊一枚一枚に願い事が書かれ、かわいい内容に思わず笑顔になりました。

子どもたちと職員と一緒に「どうか願い事が叶いますように」と祈りながら短冊と飾りを笹に付けます。様々なことが起こる昨今、「未来ある子どもたちが幸せでいられますように!!」と書いて付けたいと思います。今年の七夕は夜空に輝く星が見られるでしょうか。

2022/6/1

 色とりどりの紫陽花の花びらに、雨の雫が美しく光る季節、もうすぐ梅雨に入りますね。恵みの雨でもありますが、どうかほどほどにと願います。

 外遊びを楽しむ子どもたちは、額に汗をにじませ元気いっぱいに過ごしています。時々は、桜の木の木陰やマロニエの木の木陰、フェンスの方の木陰で虫探しをしたり、ゆったり過ごしたりする子も見られます。熱中症対策により配慮し、日々の健康管理に気をつけていきたいと思います。

 また、運動会に向けて、廊下に飾られている国旗を眺めながら意欲的に取り組む姿が見られます。当日は、笑顔がはじける時間になりますようよろしくお願い致します。

2022/5/1

 風薫る5月。さわやかな風と青い空、五月晴れにこいのぼりがおよぎ、こどもたちの元気な声が響いています。新しい環境に涙するお子さんもこいのぼりを見ると笑顔になり、保育者のもとから離れ遊ぶ姿がほほえましい今日この頃です。

 また、草むらに逃げ込むカエルを見つけたり、掘り起こした土から幼虫が出てきて、友だちと見せ合ったり、これからは発見の喜びや感動をたくさん経験することでしょう。

 コロナ禍でも子どもたちは、今を元気いっぱいで過ごしています。頼もしいです。

 気温の差が激しいのもこの季節です。朝夕の気温差、日中の気温も急に上昇することもあります。暑さ対策も考えながら遊びを工夫して過ごしたいと思います。日によっては、水遊びになることも。洗濯物が増えるかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

 幼児組では、「親子歩き遠足」も計画されていますので、どうか晴れますように!

2022/4/1

 ご入園、ご進級おめでとうございます。

園庭にそびえ立つソメイヨシノの蕾が膨み、彩り鮮やかな花々が咲き始め、子どもたちが元気で笑顔で遊ぶ姿を喜んでくれているかのようです。

 何もかも新しい環境で、期待より不安や心配なことが多いかと思いますが、保護者の皆様と信頼を築き、子どもたちと仲良しになって、一日も早く園生活が楽しいと思ってもらえるよう保育をすすめてまいりたいと思います。これからの子どもたちが、未来に向かって大きく成長してくれることを願いながら。どうぞよろしくお願いいたします。

お子様の送迎時についてのお願い

・こども園の玄関前道路は車の往来が多くあります。送迎時は十分気を付けて、玄関内また車内まで、お子さんとしっかり手をつないでくださいますようお願いいたします。

・駐車場をご利用の際は、込み合う時間帯には譲り合い、事故がないようにお願いいたします。また、子どもさんから目を離して保護者同士が話し込むことがないようお願いいたします。

2022/03/1

 弥生3月、しだいに和らぐ陽光の下、草木が芽吹いてきます。まだ、寒さが残りますが、春の陽気に心もうきうきしてきます。土の中の虫も動き始める啓蟄(けいちつ)のころでもあります。そんな虫たちを見つけ歓喜であふれる園庭になる日も間近です。

 ぞう組はいよいよ小学校へと階段を上ります。小さかった頃のことが走馬灯のように蘇り、一人一人の成長の軌跡が記された園舎が過去になる日がもうすぐです。卒園の歌声が響き祝福したい気持ちがあるけれど、寂しさが増して複雑です。毎年、この時期は、思い出に浸る時間がないほどあっという間に時間が流れていきます。一日を境にまるで魔法にかかったようにそれぞれの環境になります。子どもも大人も環境の変化に順応できますように、余裕をもって過ごしていきたいと思います。そして、新たな始まりを心弾む気持ちで迎えられますように、今年度残りの日まで笑顔で過ごしてまいりましょう。

 今月もコロナウイルス感染症防止のため、教室は中止にさせて頂きました。

 その時間は、教室の先生に代わってできることを考えて、楽しみたいと思います。

2022/02/1

 季節の変わり目に当たる節気の始まり、立春を迎えます。

 暦の上ではもう春。3日は節分の行事を行います。

 その昔、病気やけがは邪気(鬼)がとりついたと信じられていたので、お祓いやおまじないで鬼を追い払い回復を祈りました。各部屋には自作の鬼のお面が並べられています。日本古来の節分の行事を怖いままで終わらず、病気に罹らず、丈夫にすくすく育っていきますようにと願いも込めて楽しみたいと思います。

 コロナ感染症は、日々記録を上回っています。県や市の方から新たな対応策として新聞や報道で伝えられています。今までも保護者の皆様からはいろんな情報を頂き、対応させていただきましたので、園内感染を防ぐことができています。様々な事例がありますのでその都度連絡を頂ければ幸いです。基本的な予防策を怠らず頑張っていきましょう。

2022/1/1

新しい1年が始まりました。皆様良いお正月を迎えられたこととお慶び申し上げます。
コロナ感染症が落ち着いたとはいえ、まだ自粛を考えてのお正月だったのではないでしょうか。今年は今まで感染症から学んだことが生かされ飛躍の年になりますようにと願います。
初詣や親戚のお家にあいさつに行ったり、ご馳走を食べたり、お家の人とたっぷり過ごしたことが会話から感じられます。楽しかった触れ合いが土台となり、園ではかるた、すごろく、福笑い、コマ回しなど日本に伝わる伝承遊びを楽しんだり、縄跳びや集団遊びで友だちと頑張りを認め合ったり、励まし合ったりしながら成長していく過程を見守りステップアップできるように援助していきたいと思います。
園生活も充実期と年度の締めくくりの時期に入りました。今までの経験を振り返り一人一人の成長を喜び合ったり、支え合ったりして、思い出深い3か月を過ごしていきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。